お風呂掃除を効率的に行いたいけれど、どのようにすれば良いか分からず手こずってしまうという人もいるかもしれません。そんなときでも押さえておくと便利なコツがあるので、事前にしっかりとコツをマスターして実践に役立ててみると良いです。
普段なかなか掃除をする機会が少ない場所の一つが天井です。手が届かなかったり面倒だからという理由でつい掃除を避けてしまいがちですが、使っているうちにどんどん汚れやカビなどが蓄積していくので定期的に綺麗にするようにしましょう。日常であまり天井を見るという人は少ないため気づきにくいですが、お風呂場を使っていくうちに汚れやカビなどが溜まっていきます。気づいたときには天井にびっしりと汚れやカビが付着しているということもあるので、しっかりと点検をして掃除をしていくことが必要です。カビが生えているときは胞子が落下してくる恐れがあり、知らずのうちに胞子を身体に浴びている危険があります。そのような事態を防ぐためにも、定期的に塩素系に分類されているカビ取り剤を使ってきっちりと除去していくことが大事です。
カビ取り剤を取り扱うときは、適切に行わないと身体に何らかの問題が発生してしまう場合もあるので慎重に準備をしておくことが大切です。液が肌に付着すると荒れてしまったりトラブルが起こる場合は多いため、付着を防ぐためにも作業をする際にはゴム手袋を身につけるようにしましょう。目に入ると炎症を起こしたりトラブルが発生する原因となるので、ゴーグルなどを用いて液が目に入らないような工夫をすると良いです。換気を怠ったまま作業を続けていくと、呼吸が苦しくなったり気分が悪くなる恐れがあります。塩素系のカビ取り剤は使い方を誤ってしまうと身体に悪い影響を与えてしまうこともあるため、十分に換気を行いながらできるだけ短時間で作業を終わらせることが重要です。
蛇口・シャワーヘッドは使う機会の多い部分のため、汚れがたくさん付着している可能性があります。汚れや水垢などが気になる場合におすすめする道具がクエン酸水です。クエン酸水を塗って時間を置いた後に水やお湯で洗い流せば、より綺麗にすることができます。