お風呂掃除をしたいと思っている場合は、いくつか覚えておきたいコツがあるので内容を頭の中に入れた上で実践してみることが大切です。天井は高くて届かないということが多く、普段はあまり掃除をしていないという人も多い場所です。手が届かないからといってそのままの状態に放置してしまうと、頑固なカビや汚れなどがこびりついてしまい後で大変な目にあうこともあります。カビが発生した場合、その胞子が天井から落ちてきて非常に不衛生です。天井を綺麗にしたいときは、塩素系が配合されているカビ取り剤を用いて定期的にお手入れをするようにしましょう。
カビ取り剤を使う際には、事前に準備を行って適切に使用することが大事です。手などが荒れてしまわないように、使用する際はゴム手袋を着用します。上部に使用することになるため場合によっては液が目に入る恐れがあるので、ゴーグルなどをして目の保護をすることが重要です。カビ取り剤を使っている最中は、必ず換気をして空気の流れを作るようにしましょう。密閉状態で作業をしていると、体調を崩してしまったり倒れてしまう危険性があるので注意が必要です。カビ取り剤を用いる際には雑巾やスポンジなどを使って、気になる部分に液を塗っていくようにします。柄が長いタイプのものを活用すれば、あまり身長がない人でも簡単に掃除をすることができて便利です。

本当に頑固な汚れは高圧洗浄機を使うのも良いでしょう。
高圧洗浄機はホースの先端にガンが付いていて、水のON・OFFが簡単で、ノズルを変えれば様々な形状で水を噴射できます。
https://www.total516.jp/products/list?category_id=233
この通販サイトはプロ用のものが安く買えるので、私もよく利用します。
蛇口やシャワーヘッドを掃除する場合は、中性洗剤を使ってこすりながら汚れなどを落とすようにすると綺麗になります。この部分は毎日使用する箇所であり、衛生的な状態を維持していきたい部分です。シャワーの内部の汚れや水垢などを落としたいと考えている場合は、クエン酸水を活用することで掃除することができます。クエン酸水にしばらくの時間つけ置きした後に、歯ブラシやスポンジなどを使って磨いていきます。水垢の度合いが気になる場合にはラップなどを使って気になる部分を巻いていき、1時間ほどそのままの状態にした後に洗い流すと良いです。