料理は好きだけどその後の掃除が嫌!という方、多いのではないでしょうか。かく言う私もその一人で料理以外の家事をするのが一切好きではありません。特にガスコンロなどは調理後の頑固な油汚れとの戦いを想像するだけでげんなりしてしまいます。生ごみの処理も苦手だし、掃除がなければいくらでも料理は頑張れるのに…なんて思うこともしばしば。かと言って何もしないわけにもいかないのでなんとかやっていますが、今回は私のように家事がちょっと苦手な方でもキッチン掃除を簡単に済ませることができるコツをご紹介します。

まずキッチン掃除の最大のコツは「使ったら毎回拭き掃除をすること」です。
それが面倒なのに…という声が聞こえてくるような気がしますが、自炊を頻繁に行う方はほぼ毎日キッチンに立ちますよね?炒め物や揚げ物などを作った場合、油がコンロに飛んでしまうことは日常茶飯事。その汚れを日々放置してしまうと後に頑固な油汚れになってしまいます。なかなか落ちない汚れになってしまう前に使ったら必ず拭き掃除をして油をふき取れば、常にキレイな状態を保っていられるはず。ガスコンロが油まみれになってからでは掃除が大変になり余計に面倒になってしまうので、お掃除が苦手なめんどくさがり屋さんにこそ実践していただきたいコツです。

次にキッチンにある排水溝や三角コーナーを清潔に保つコツ。意外かもしれませんが「ある程度汚れが見えるようにすること」ではないでしょうか?例えば蓋つきの三角コーナーなどをシンクに置いたとして、生ごみが見えないのはいいことですが、ズボラさんの場合見えないことでごみの処理をつい後回しにしてしまい気付けばキッチンから異臭が…なんて参事を招いてしまいがち。三角コーナーのごみを捨てるついでに排水溝のごみも一緒に捨ててしまえばいいので、特に家事が苦手な方はある程度汚れが見える状態のほうがキレイにしていられるかもしれません。
つまりはキッチンに立ったら最後にちょこっとだけひと手間をかけるだけでいいのです!面倒な気持ちは物凄く分かるのですが、そのひと手間をかけることが最終的には一番のコツになりますよ。