トイレは毎日使っている部分で、汚れが付きやすく雑菌類も繁殖しやすい部分でもあります。こういった部分は頻度を上げて掃除をしないとすぐに汚れがたまり、なかなかきれいにならないためコツをつかみ、効率よく掃除をすることが大切になります。
トイレの臭いに対しては消臭剤を使用することが多いですが、トイレの臭いはアンモニアが原因です。根本的に臭いのもととなりアンモニアを取り除かないといつまでたっても臭いは消えません。臭いを軽減するには、トイレの床や壁をきれいに保つようにしましょう。
トイレの壁は意外と尿が飛び散っており、ほこりもつきやすい場所です。毎日さっと拭くだけでも違うのですが、もし大変であれば汚れがひどかったり黄色くなっていたりする場所を中心に掃除をすると良いでしょう。トイレ用使い捨てシートを利用して拭くのが基本ですが、あまりにも黄色くなっている場合は中性洗剤のスプレーを吹き付けて抑えつけるように汚れを浮き出して拭き掃除を行います。
床もまた、尿やほこりがつきやすいです。特に便器との境は汚れが溜まりやすくうまく拭けない場所でもあります。そのような場所は楊枝など細いもので汚れを掻きだし、その後いらない布で汚れをふき取るときれいになります。トイレ用の中性洗剤を便器との境に吹き付けて汚れを柔らかくするとさらに掻きだしやすくなります。
このほか、便器についてしまった尿石汚れは中性洗剤では落ちません。こういった黄色い尿石は酸性などの強めの洗剤をつけてしばらく置き、その後ブラシでこするといくらかは落ちます。あまりにも目の粗いスポンジなどでこすってしまうと便器そのものに傷がついてしまうので注意が必要です。
トイレ掃除は、年末の大掃除のように行うのではなく、日々少しずつ行った方が付きにくく、汚れが付いたとしてもさっと落とすことができます。気が付いたときに行うことで掃除の負担も軽減するので、家族で意識してみると良いでしょう。