トイレ掃除と聞くと面倒だと思う人は多いかもしれませんが、コツをつかむことによって手間も時間も大幅に削減することができ、効率よく掃除をすませることができます。トイレ掃除のコツとしてまず第一に挙げられることは、黄色い尿石汚れには酸性の洗剤を使うことです。トイレには黄色汚れが付着しやすいですが、この主な原因とされているものは尿石です。尿の中にはリン酸カルシウムやシュウ酸カルシウムなどが含まれていて、これが二酸化炭素と結合してかたまったものが尿石になります。尿石は主に炭酸カルシウムであり、これはアルカリ性の汚れです。そのためアルカリ性の汚れに対して酸性の洗剤を使うようにしましょう。環境のことを考えるのであれば重曹とクエン酸での掃除がお勧めですが、長年こびりついてしまったものであれば強力な酸性洗剤でなければ落とすことはできません。トイレ専用の酸性の洗剤を使い掃除をすれば、比較的簡単に汚れを落とすことができるでしょう。
そして酸性の洗剤でも落ちないのであれば、削り取る方法を考えましょう。スクレーパーやケレン棒などを使用して、固く凝り固まった汚れを削り落していきます。これらはホームセンターでも安価で購入でき、どちらを選んでもよいでしょう。
そして料理で使うキッチンペーパーを便器の掃除に使うこともできます。便器の手洗い水が出るタンクのふたの部分や、便器ボウルから出ている吐水口、水がたまる便器ボウル部分などにできてしまった水垢を落とすのには非常に有効です。水垢は水にぬれ、乾燥するを繰り返すことでできるので、スポンジで掃除した場合には、スポンジに洗剤が吸収され便器の部分にはうまく塗布することができません。キッチンラップを使えば、洗剤が吸収されることもないので、洗剤を電気にまんべんなく広げることができます。
汚れを放置しておくと、取れにくい汚れになってしまうので、日ごろからできる限り汚れがこびりつかないように予防することが大切です。