トイレは毎日使うところで、汚れることが多い場所でもあります。3日ほど掃除をしない場合、便器の中の水が張ってある部分に、黒ズミが生じ取るのに時間がかかってきてしまいます。
トイレの掃除は、専用の中性洗剤を使用して行うことが多いです。ですが、実際ついてしまった汚れは中性洗剤では落としきれずブラシでこすってもなんとなく汚れが目立ってしまいます。そのため黒ズミなどの汚れがある場合は酸性、もしくはアルカリ性のものを使用するとすっと落とすことができます。なお、こういった洗剤は酸性かアルカリ性かしっかり確認をしてから使用するようにしてください。酸性のものとアルカリ性のものを一緒に使用してしまうと、命に関わることがあります。
掃除のしにくい便器のふち裏を掃除する場合、ブラシでこすっても汚れはあまり落ちません。そのため便器のふちにそってトイレットペーパーを詰めそこに酸性、もしくはアルカリ性の洗剤をかけて浸すようにします。汚れをパックしている状態であるので、汚れが浮き上がってきてさっときれいにすることができます。
そして床や壁にも意外と尿は飛び散っています。便器の中に薬を浸している間に床の掃除をしてしまうのがコツでもあります。除菌できる洗剤でさっとふき取ると良いでしょう。壁も汚れをそのままにしておくと黄色く変色することもありますし、臭いが染みついてしまうのでいくら芳香剤を置いても、臭いが消えないことが多いです。サッとで良いので、毎日行うと良いでしょう。汚れがひどくなる前に手を打つことが大切になってきます。
トイレ掃除は、きれいにしていてもいつの間にか汚れてしまっている場所であるので、本当に大変です。大変なトイレの掃除を後回しにしてしまうとさらに時間がかかってしまうので、毎日少しずつ掃除をする、ということがコツになってきます。温水洗浄機を使用している場合はノズル部分もきれいにするのを忘れないようにしましょう。