窓の汚れは場所により汚れ方が異なるため、その汚れにあった掃除をすることによって、仕上がりに大きな違いが出てくる事でしょう。まず最初に外側の汚れを落としていきましょう。外側は一番汚れる部分ですが、コツをつかめば大変な作業にはなりません。外側の汚れの多くは空気中のほこりや雨風と一緒に飛んできた土や砂がほとんどです。そのため一番のポイントは洗浄に水を使うことです。土や砂、ほこりなどが主なので、洗剤を使わなくても水で流すことが一番です。しかし汚れが激しい場合には一度の掃除では筋になり残り、取りきれないこともあります。たくさんの水を使って流すようなイメージで進めていくのがお勧めです。こびりついてなかなか取れない部分があるのであれば、クリーナーを使いましょう。また二つ目のコツとして網戸を掃除してから取り掛かることを覚えておきましょう。窓と同じように網戸も常に外気にさらされていて、汚れやすいものです。一緒に掃除をしてきれいにしておくのがお勧めです。
次に内側の窓を掃除していきます。内側の場合には外側とは汚れの性質が異なります。内側は空気中に含まれている調理中の油や、煙草のやに、手垢などが主な汚れとなっています。そのため外側と異なる落とし方が重要です。一つ目のコツはクリーナーを使うことです。油を含んでいることが多いため、水だけではなかなか落とすことはできません。クリーナーの使い方にも重要なポイントがあります。クリーナーを窓に吹きかけて掃除をするのが主流だと思っている人も多いかもしれませんが、クリーナーは直接窓に吹き付けるのではなく、古い布などに吹き付けてから窓を拭いていきます。直接吹き付けると洗剤が多くかかる部分と、全くかからない部分に分かれてムラの原因になってしまいます。窓全体を掃除するためには、古い布をクリーナーで湿らせて全体を拭くことが大切です。
そして窓ガラスだけではなく最後にサッシもきれいにしておきます。サッシのごみをあらかじめ取ったら、どちらも古い布を利用してサッシの溝にそって全体を拭いて掃除するだけで、十分に落とすことができます。