各都道府県の地域コミュニティ

地域コミュニティが発達している地域として選ばれたのが、横浜市です。
横浜では、どのような活動をして地域コミュニティを活性化させたのか見て見ます。
そもそも、横浜市は開港してから150年と歴史が長く、異文化交流も盛んに行われているのです。
350万人いる市民のうち、70人に1人は外国人市民なのです。
普通に生活していて外国人と触れ合う機会も多いので、国際化の意識も極めて高いです。

横浜市でも、多文化の交流を促進しているので、海外との交流も積極的です。
このような、異文化交流を積極的に行おうという取り組みも、地域コミュニティの発達につながっています。

それから、地域コミュニティの中でも、育児・教育は誰しもが注目している部分なのですが、「子どもゆめワールド」を設けることに寄って、横浜市の国際交流協会によって、横浜市に住む小学生がボランティアに参加することや、展示パネルの説明や募金活動なども行っているのです。
市民の認知度の高い「横浜マリノス」、「横浜ベイスターズ」にイベントの協力や参加をお願いしたりなど、誰もが地域での行事やボランティアに参加しやすい、参加したくなるような形を作っているのです。
異文化交流をしているということもあって、人とのコミュニケーションもとりやすいのでしょう。
地域コミュニティの大事なポイントは、やはり同じ地域に住む住民とのコミュニケーション仕方なのです。
それが上手にできているので、横浜市は地域コミュニティが発達しているのです。